永代供養墓のメリットについて知ろう

subpage1

様々なお墓がありますが、その中でも永代供養墓があります。永代供養墓には様々なメリットがありますが、一番のメリットはお金が安い点が挙げられます。通常のお墓の場合だと1000万円程度かかる場合がありますが、永代供養墓の場合だと総額で200万円で済む場合が殆どです。


寺院によってはクレジットカードが利用できたり、信販会社のローンを利用できる場合があります。

さらに身近になったエキサイトニュースがとても人気であることがわかります。

永代供養墓の場合年会費や維持費が必要になる場合もありますが、ほとんどの場合年にして1万円程度で済みます。



次のメリットですが、通常のお墓の場合管理は自分達で行うので、年に数回は寺院に行く必要があります。

しかし永代供養墓の場合だと一回寺院にお願いすると基本的には参詣する必要はありません。

そのため遠方のためなかなか参詣できない人でも気軽に依頼する事ができます。


寺院や宗派にもよりますが、寺院に預けると御会式やお彼岸の際の塔婆供養をしてもらえる場合があります。


その費用は必要ありません。永代供養を依頼した場合、寺院が規定した年月を過ぎた場合には合葬されますが、その際も寺院の化儀に沿って供養してもらえるので安心です。



通常のお墓の場合には購入した際に檀家になるように言われますが、永代供養の場合には必ずしも檀家になる必要はありません。


寺院によっては通信を配布している場合がありますが、そちらも必ずもらう必要はありません。

しつこい勧誘もないので安心して任せられます。