永代供養墓と納骨堂の違い

subpage1

永代供養墓とは、子供がいない人や墓を継いでくれる後継者がいない人、生涯独身の人など、家族に代わり、寺の住職に供養をお願いするものです。



永代供養墓は、ほかの人と同じ場所で納骨されることもあるため、合祀墓や合同墓、合葬墓などと呼ばれることもあります。

同じような仕組みの物に納骨堂があります。

納骨堂の場合は、個人や夫婦など個別で遺骨を安置する室内の墓のようなものです。


通常の墓と同じように維持管理費を支払い続けることで、永代使用が可能な点が特徴的です。

近年は、三十三回忌までなどの一定期間まで個別に安置した後は、永代供養墓などの合祀墓に移して供養するタイプが増えています。


厳密にいうと永代供養は墓石の管理のことになるため、誤解が生じる場合があります。


そのため、法要と墓石の管理をあわせもつ永代供養墓という言い方がでてきました。
代々の継承を前提とした墓石の負担は金銭的にも人的負担もかかることに対して、初回費用が安く、継続的な費用がかからないメリットがあります。

寺によっては、檀家になることが条件になっている場合もありますが、基本的には、宗教や宗旨、宗派を問わないため、自分の気に入った場所を選ぶことが可能です。
注意事項として、基本的には、一式料金になっていることが多いですが、中には、継続的に支払わなければならない料金体系になっていることがあります。



また、個別の法要は、追加費用が必要になることもあるため、事前確認が必要です。

朝日新聞デジタルについて考察してみましょう。