増加を続けている永代供養

subpage1

これまでは人が亡くなると、その遺骨はお墓に納められていました。


しかし、少子高齢化が進む現在では、子供が地方から都会に出てしまい、最終的にはお墓を管理する人がいなくなってしまうことがあります。

そうなりますと、お墓は荒れ放題となります。
そのため、永代供養を選択する人が増加しています。

永代供養とは、様々な事情によって墓参りが不可能な人に代わってお寺などが永代に渡り遺骨の供養・管理を行うものです。



最近では、もともとお墓を持っていない人はもちろんのこと、お墓を持っているのにそのお墓から改葬する形で永代供養を申し込みケースも少なくありません。
永代供養は主に前述したお寺や、霊園を運営する宗教法人などでも行われています。当然料金が発生しますが、その料金さえ支払えば、管理するお寺や宗教法人が、故人の家族や親族に代わって故人の墓を管理していきます。



墓石などはなく、その多くは納骨堂に納められます。

BIGLOBEニュース関する情報選びの耳よりな情報を公開しています。

これによって、例え家族や親族がお墓参りが出来ない状態にある、あるいはお墓参りをする人がいない場合でも管理・供養で悩むことは無くなるのです。

この管理・供養に関することが永代供養の一番のメリットと言えます。

管理・供養を一切任せることができる以外のメリットとしては、墓石代が必要無く、墓地使用料が割安となるといった料金的なものがあります(管理費や供養費については、生前に申し込む際に支払います)。


仏教であれば、宗派に関わらずどのお寺でも受け入れてくれます。