未来の安心のための、永代供養

subpage1

永代供養という言葉を、ご存知でしょうか。


永代とは、文字通りとても長い年月、永世とほぼ同じ意味で、永代供養とは、供養を行える人がいなくなる場合に備え、事前に寺院や霊園などが子孫の代行役となり、長期間お墓の管理・供養をするという意味です。

埼玉の墓じまいに関することは、情報が満載なこのサイトにおまかせください。

また、そうしたお墓は、永代供養墓と呼ばれます。

現代では、一般的なお墓だけではなく、納骨堂や合葬室、合葬墓なども供養や管理の対象とされています。


10回忌、30回忌、50回忌などを大きな節目とし、一定期間が過ぎると普通のお墓に納められていたお骨も合葬墓などに移され、他のお骨と共に、まとめて管理・供養されることが多いようです。
それは、合同祭祀などと言われています。晩婚化・少子高齢化の今を反映してか、1部の人たちの間で「終活」が流行っている現代では、先々の安心のため、永代供養も注目が集まるようになってきています。

ただ、注意しなければならないことも多くあるようです。


寺院に永代供養を申し込んでおいたとしても、そのお墓を継いでいる人が檀家をやめたり、改宗したりした時には、契約を破棄されてしまうことがあるそうです。
永代使用料というよく似たまぎらわしい言葉もあります。これは、永代使用料なるものを寺院などに支払い、そのお墓を使用し続ける権利を取得することです。


一般的なお墓はこの権利を得て建てられています。
その寺院の檀家であることが前提条件の場合が多く、お布施なども必要になります。

残念なことに、お墓やその供養が、ビジネスのようになってしまっている部分があります。

産経デジタルサポートと断言できます。

けれども、こうした問題は、本来お金さえ出せば解決できるようなことではないはずです。



お墓やご先祖の供養についてお悩みの方は、親族の方々とも前もってよく話し合い、十分に調べ、慎重に検討したうえで、これからどのようにすべきかを、決定しなければなりません。
それでこそ、未来にわたっての本当の安心や満足が得られるのです。

人に言いたい葬儀

subpage2

近頃、永代供養という言葉を宗教法人などが運営する霊園や墓場のコマーシャルなどでよく聞きます。意味は呼んで字のごとく永代に渡って供養するという意味です。...

more

納得の事実!

subpage3

これまでは人が亡くなると、その遺骨はお墓に納められていました。しかし、少子高齢化が進む現在では、子供が地方から都会に出てしまい、最終的にはお墓を管理する人がいなくなってしまうことがあります。...

more

葬儀の補足説明

subpage4

様々なお墓がありますが、その中でも永代供養墓があります。永代供養墓には様々なメリットがありますが、一番のメリットはお金が安い点が挙げられます。...

more

驚く情報

subpage5

永代供養墓とは、子供がいない人や墓を継いでくれる後継者がいない人、生涯独身の人など、家族に代わり、寺の住職に供養をお願いするものです。永代供養墓は、ほかの人と同じ場所で納骨されることもあるため、合祀墓や合同墓、合葬墓などと呼ばれることもあります。...

more